―魔法使いの住処への道―

モンスターの群れが現れた
 
4-1

エバンス「おーおー強そうなのが出て来たな」

アイネ「だ、大丈夫だよね?」

ルウシン「ライオネルか…結構危険だからな。うろちょろしないで俺の近くにいろよ」

アイネ「う、うん」

エバンス「戦いに乗じて口説く…流石ルウシン選手」

アイネ「え、ええ!?//」

ルウシン「な…!ち、違うぞ馬鹿!
 そういう意味で言ってるんじゃねーだろ!」

エバンス「慌てる所が怪しいな~?」

ルウシン「てめー…わかってて言ってるだろ?」

アイネ「え?」

エバンス「バレた?」

ルウシン「殺す」

モンスターがルウシン達に襲い掛かる

エバンス「おっと、馬鹿やってる場合じゃないな」

ルウシン「馬鹿はお前だけだ……フンッ!」

ドンッドンッ
流石に一撃でとは行かないものの順調にモンスターを倒していく

エバンス「さっすがルウ、頼れる~」

ルウシンがモンスターに切り込み対峙する、エバンスは横や後ろに回り込んで攻撃する。この二人が組むときは大体この戦法をとる。そして…

ルウシン「よし、これで最後!っと」

エバンス「終わり終わり~」

アイネ「凄いね…でもなんか、モンスターがルウシンさんにばかり攻撃をしてたような?」

エバンス「ああ、こいつはモンスター愛され系男子だからな」

アイネ「え?え?」

ルウシン「何馬鹿な事言ってんだ。
 大体のモンスターは自分一番近い奴を攻撃するんだ。こいつはビビッて逃げ回ってるから俺が攻撃を受けるってわけだ」

エバンス「おっと、戦略をビビり扱いとはこれだから猪戦士は」

ルウシン「俺にモンスターが向かうようにわざと仕向けるのが戦略、ね」

エバンス「あれ、そこらへんもバレてた?」

ルウシン「当たり前だ!つーかお前な…」

エバンス「きゃはっ、怒らないでよルウシンちゃーん」

ルウシン「死ね!」

アイネ「あ、あはは…」

~~~~

ルシアン「お、なんか家があるな。
 あれか?」

アイネ「うん、護衛ありがとう助かったわ!」

 クリスー!いるー?」

……

エバンス「いないのかな」

アイネ「え、そんなはずは…」

ガチャ

4-2
クリス「あら…アイネじゃない。
 どうしてあなたがここに?」

アイネ「あっクリス久しぶり!
 えっとね、この人達に連れてきてもらったの」

ルシアン「こいつが魔女か…?案外普通だな」

エバンス「そりゃお前いかにもって風貌してたら警戒されるだろ?」

ルシアン「なるほど…油断させる作戦か!」

クリス「…アイネ?」

アイネ「ち、違うの!ちょっと誤解してて…
 でも悪い人達では…ないの!」

エバンス「そこはさらっと言ってくれないと逆に怪まれるでしょうがよ~」

ルウシン「まぁエバンスは悪人ではあるが」

エバンス「は?ルウちゃんに言われたくないんですけど~」

ルウシン「お前しょっちゅう食い逃げやって俺にその罪なすりつけてるだろ!」

エバンス「げっバレてた!?
 でも取立人をいつも追い払ってくれるルウちゃん好き!」

ルウシン「死ね!」

アイネ「あ、あはは…」

クリス「…まあいいわ、とにかく中にお入りなさい」

~~~~
―クリスの家―

ルシアン「魔女の家ってより何かの研究室みたいだな」

エバンス「そうだな、学者か何かかな?」

ルシアン「つーかあいつらどこ行ったんだ?」

エバンス「さあ奥の部屋で何か話してるみたいだけど…」

ルシアン「客ほったらかしてなにしてんだよ…失礼な連中だな」

エバンス「女の子の話を盗み聞きしようなんてハレンチだなルウは」

ルシアン「は?そんな事言ってないだろ」

エバンス「あのドアに耳くっつけたら多分聞こえるよ?」

ルシアン「…やれというのか」

エバンス「僕は何も言ってないよ?」

ルシアン「……」

エバンス「……」

ルシアン「ま、まあ仕方ないな…あいつらが何か企んでるのかもしれないからな!」

エバンス「そういう事にしとくか、それじゃさっそく」

アイネ「おまたせー」

ルシアン「……」

エバンス「……」

アイネ「ん?どうかしたの?」

ルシアン「ベツニ…」

エバンス「ウン、ドウモシテナイヨ」

アイネ「?」

クリス「あら、貴方達まだいたのね」

ルシアン「…おいこいつ失礼だぞ?」

エバンス「ルウ並みの傍若無人さだな」

ルシアン「お前だろ」

アイネ「あはは…」

クリス「ま、ちょうどいいわ。これからこの子の町までいくんだけど護衛よろしくね?」

ルシアン「は?もう依頼はこれで終わりのはずだろ」

エバンス「まあそのくらいはサービスしてもいいけど契約内容をコロコロ変えられるのは困るかな」

アイネ「あう…ごめんなさい」

クリス「……」

ルシアン「つーかこんな所に住んでるくらいなんだからあんた一人でも余裕なんじゃないのか?」

エバンス「そうだそうだー」

クリス「はあ…確かにこの辺のモンスター位ならなんでもないわ。
 でも」

ルシアン「でも?」

クリス「面倒くさいじゃないの」

アイネ「あ、あはは…」

エバンス「言ったー!ためらいも無く!
 なんという傍若無人っぷり!ルウ以上だー!」

ルシアン「うるせーよ。
 っていうかお前の友達じゃなかったのか?」

アイネ「うん、そうなんだけどクリスはちょっと気分屋で…」

エバンス「ちょっと…?」

クリス「はあ…ゴチャゴチャうるさいわね。
 いいから護衛しなさい」

ルシアン「…はい」

エバンス「えー…」

アイネ「ご、ごめんね?よろしく…」