Dブログ

自作ゲームの情報、小説、イラストなどを公開しています

プロバイダ変更の関係でホームページを移転しました。
http://destam.webcrow.jp/
が新しいURLになります。


現在制作中のゲームは、以前作った『GRAND MASTER』をパーティ制にしたような感じのゲームです。進行率は
プログラム80%
グラフィック60%
くらいでようやく完成が見えてきた感じですが、どうなるかわかりません。なんとか完成させたいものです。
0002


エバンス「それで、お前さんの町はどちらで?」

5-1
アイネ「ミューレルです」

ルウシン「ふーん、結構距離はあるけど問題はないかな」

エバンス「ふ、それはどうかな?
 これは序章に過ぎない…大いなる陰謀が」

アイネ「え…」

クリス「……」

ルウシン「アホな事いってねーでさっさと行くぞ」
続きを読む

―魔法使いの住処への道―

モンスターの群れが現れた
 
4-1

エバンス「おーおー強そうなのが出て来たな」

アイネ「だ、大丈夫だよね?」

ルウシン「ライオネルか…結構危険だからな。うろちょろしないで俺の近くにいろよ」

アイネ「う、うん」

続きを読む

3-1
ルシアン「目的地はこの先の森、だったな」

アイネ「うん、知り合いが住んでるからそこまで連れて行って欲しいの」

エバンス「ほう、あんなとこに住んでる奴がいるのか…」

ルシアン「ふむ…」

アイネ「?」 
続きを読む

エバンス「さてとルウ、今から依頼のあったロナンドの街まで行くわけだが」

ルウシン「おう」

エバンス「そこまでの道のりには当然モンスターが出てくる」

ルウシン「そうだな」

エバンス「そして多分本来の依頼内容はそこから別の場所までの護衛か、その辺にいる強敵モンスターの退治か…もしくは罠だ」

ルウシン「ふーん…
 ってやっぱ罠なのかよ」

エバンス「いずれにしても…ここいらに出てくるモンスター位は軽く倒せないと話にならない。わかるな?」

ルウシン「ああ」
続きを読む

↑このページのトップヘ